女性心理をたくみに操る方法
女性心理をたくみに操る方法

日記

心底惚れる女性に出会いたいあなたへ…




 From: 村上宗嗣
  午前0時17分、木曜日
  埼玉県さいたま市   

心底惚れる女性に出会いたいあなたへ…

あなたはコンビニで買い物をする事がありますか?

コンビニに行くと、たまにかわいい女の子の
バイトが働いていることがありますよね?

彼女と話をしたいなぁ」

そう思っても、なんて声をかけていいかわかりません。
昔、私もそう思っていたのですが、実は彼女とたった一言で、
親密になれる魔法のフレーズがあります。

彼女と仲良くなりたければ、こう言ってください。

「すみません。”ボリバー”はおいてますか?」

「…はい?ボリバーってなんでしょうか?」

ボリバーって何のことだかわからないかと思いますが、葉巻の事です。

これは別に葉巻きなくてもいいのですが、
一言でいえば彼女が100%探すことのできない
「チャレンジ」ふっかけるんです。

置いてないタバコを注文された彼女は、焦ります。

他のバイト仲間やお客さんを気にしながら、
多分彼氏にも見せたことのないような、一生懸命な顔で、
あなたのチャレンジをクリアしようとします。

この後あなたは彼女に兄貴のような態度で、優しく、そして少し冗談交じりでフォローしてあげることが出来れば、彼女はあなたを「他のお客さん」と、
まったく違う態度で接するようになります。

 次にお店に行った時には…

「ボリバーはないの?」と冗談を言えば、彼女
あなたに好感をもつようになると思います。

少しの”知識”で、ただの買い物を、出会いへと変えることができます。

この話を聞いて…

もしかしたらあなたは「汚い」と感じるかもしれませんね。

でも、あなたの周りにたくさん候補の女性がいるなら別ですが、
私は社会人になってから、女性との出会いについて本当に困っていました。

別に学生のときにモテていたわけではありませんが、
それでもまだ女の子と話すチャンスはありました。

でも働き出してからは、情けない話、彼女どころか
友人とも呼ばれないような存在になっていました。


「本当にいい人ね…」

必ず女性に言われるセリフでしたが、悔しくて、なんとかしたい気持ちも
あると同時に、それでも、女性と接点があるだけで
満足しているような男でした。

あまりに彼女が出来ないので、流行の「出会いサイト」を利用したことが
あります。

いつも会う直前に連絡がとれなくなるので、不思議に思っていた所、
その時はじめて友人から「サクラ」の存在を教えてもらいました。

その月のポストに届いた請求書には「63,000円」と書かれていました。

そんな私ですが、26歳から4年間、心理セラピスト
という仕事をしていました。
なじみのある言い方をすれば、カウンセラーですね。

その頃から、女性とのセックスの回数が多くなったのですが、
今現在の私から見ると、女性と出会いセックスするまでに、
2つのポイントがある事に気づきます。

1つ目は、女性に「セックスしたいのがバレない事」です。

あなたも、肝心の好きな人には好かれないという
経験があるかもしれませんが、それがまさにその通りで、
女性は”自分とセックスしたい”と思っている男性に興味がありません。

逆に、好きでもない女性に好かれるのは、それは
その女性とセックスしたいと思ってないからなんです。

2つ目に、女性は自分よりレベルの低い男には興味がないということです。

レベルと言っても、ベンツに乗っているとか、社長だとか、そういう事で
はなくて、簡単に言うと、自信があるかということです。

今日、この手紙を読んだ後、試してもらいたい事があるのですが、
女性と話すときに、目をしっかり見て、背筋を伸ばして話してみてください。


別にあなたが本当に、自分に自信があるかないかは別にして、
たったそれだけで、女性の態度が”ガラッ”と変わるのがわかるはずです。

ある女性カウンセラーに、色々と教えてもらったのですが、
こんなポイントをおさえるようになってからは、
女性とセックスするのは、そう難しいことではないと思えるようになりました。

例えば居酒屋で、あなた好みの女性店員を見つけたら、
あなたならどうしますか?

「相手は仕事中だから…」


「周りが気になってナンパなんて出来ない…」

そう思い、あきらめますか?それとも…

「●●ちゃん、かわいいねぇ。彼氏いるの?」
と、勇気を出して、声をかけてみますか?

でも、こんな事を言ってしまったら、次の注文から少し
体格の良いマネージャーらしき男がでてきて、
彼女の顔すら見る事すらできなくなります。

そう、マニュアルに書いてあるからです。

でも、それよりももっと重要な事は、彼女がバックヤードであなたの事を
「すごいうざいお客さんがいるんだけど。もうあの席にいきたくない…」
と愚痴をこぼしている事です。

出会いが少ないので、女性と合法的に話す事のできるお店の女性に、
ついついちょっかいを出したくなります。

    
でも、考えてください。
   
もしあなたが「俺には出会いがない…」と思っているなら、
365日を通して女性とすれ違わないわけではないと思います。

出会いがない」のではなくて、初対面の女性と仲良くなる術を知
らないだけだとは思いませんか


運命の彼女の詳細はこちらから


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。